アトピー肌におすすめ保湿化粧品はこれ! » 徹底的な保湿?脱保湿?アトピー肌に大切なのは正しい保湿!

徹底的な保湿?脱保湿?アトピー肌に大切なのは正しい保湿!

アトピーになってしまった肌を救うのに一番最適なケアは「保湿」。ですが、保湿もやりすぎてしまうと肌に悪影響を及ぼしてしまいます。適切な保湿とはどのぐらいなのか?また、近年アトピーケアで注目されている「脱保湿」という考え方についても解説します。

アトピーに良い保湿ってどういうケアのこと?

アトピー肌には保湿が大切、と言いますがどのようにケアしていけばよいのでしょうか?アトピーで様々な肌トラブルが起こる理由、治すための方法を簡単にですがご紹介します。

保湿といっても、化粧水や美容液、クリームなど色々なアイテムがあります。成分もヒアルロン酸、植物オイル、スクワランなど多種多様、いったい何を取り入れるのが正解なのでしょうか。

アトピー肌は、本来お肌表面にあるべきバリアが壊れてしまい、さまざまな刺激に敏感になってしまうことで乾燥やかゆみを引き起こし、最終的には肌のひび割れから体液がにじみ、じゅくじゅくした状態にまでなってしまいます。これを健康な肌に近づけるために必要なのは、お肌のバリア機能を修復してあげること。肌が刺激に強くなれば、さまざまなトラブルも沈静化していくのです。

お肌のバリア機能維持には「セラミド」「ヒアルロン酸」という保湿成分が深く関わってきます。バリア機能が低下するのは、お肌の内側にこれらの成分が足りなくなるのが理由ですから、外側から補ってあげることで機能回復を促してあげます。基本的にこれだけでOK。敏感肌用の低刺激コスメを選べばお肌に余計な負担をかけることなく、最適な保湿ができます。

過度な保湿はお肌の回復を遅らせる

アトピー治療はステロイド&保湿の併用が一般的ですが、ステロイドも保湿剤も使い続けると、それなしでは自力で健康な肌を作り出せない状態になってしまうのだそう。保湿依存症とも言い、常に体中に油分を塗り続けてしまうとお肌が外側からの油分に頼りきってしまい、自ら皮脂をあまり生成しなくなってしまうそう。お肌がきちんと機能し、正常なターンオーバーをすることで健康な皮膚が表面に出てくるようになります。

また、こまめに保湿をしすぎて皮膚が湿った状態になっていると、表面に細菌がついて繁殖しやすくなり、細かい傷・炎症だらけのアトピー肌を余計に刺激することになってしまいます。

アトピー肌だと「しっかりケアしなきゃ」という気持ちになりますが、実はケアしすぎないくらいのほうが健康なお肌を取り戻しやすい環境が整います。油分たっぷりの保湿は避け、化粧水や美容液など、肌表面にいつまでも残らないようなアイテムで行いましょう。保湿成分は元々体内に存在するものを中心に、プラスアルファとして植物エキスや抗炎症成分が入っているぐらいのものがちょうど良いです。

最近話題の「脱保湿」という考え方

過剰な保湿はNGとお伝えしてきましたが、この真逆な理論が「脱保湿」。保湿を一切せず、アトピーを治療する方法です。

脱保湿の考え方は以下の通り。

  • お肌を乾燥させて古い皮膚を早く剥がし、新しい皮膚を生成する
  • 痒みで皮膚を傷つけたとしても、血や体液を排出するのでデトックスになる
  • かさぶたが刺激をブロックしてくれるため、皮膚を守ってくれる

これを続けてアトピーの症状を出し切ることで、アトピーの跡や赤みがきれいに消え、乾燥肌や敏感肌までも改善できるのだとか。では早速、脱保湿の実践方法をご紹介します。

  1.  朝の洗顔は目元、口元を水で拭うだけ。皮脂を取り去るような洗顔はしない
  2. 化粧水・乳液・保湿クリームは使わない。いきなりやめるのが怖い場合は、まず洗顔やクレンジングをやめて肌のつっぱりが消えるのを待ちます。
  3. メイクはノーファンデ&お湯で落ちるポイントメイクのみ
  4. 日焼け止めは低刺激or日傘や帽子などのグッズで対策
  5. お風呂ではお湯洗いのみ、シャンプーなども使わない
  6. 健康を意識した食生活・運動・睡眠をする
  7. ステロイドもできればやめる。急にやめると一気にアトピーが出るので、先に食生活などを改善して肌が少し元気になってきたころから。

脱保湿はちょっと極端な方法なので、初めは肌状態がひどいことになると思います。外側から見えない部分のアトピーには実践できるような感じもしますが、顔だとボロボロ乾燥・かさぶただらけの状態で毎日会社や学校にいくのはちょっと厳しいかもしれません。また、シャンプーなども使えないので、髪の質感も気になるところです。

チャレンジするにはなかなか難しくて勇気がいる方法ではありますが、脱保湿に興味がある方はぜひ実践してみてください。「ちょっとそこまでは…」という方でも、健康的な生活、メイクを控えめに、日焼け対策はグッズで、くらいなら比較的取り入れやすいと思いますので、試してみてはいかがでしょうか。

アトピー対策で正しいのはどっち?「保湿」VS「脱保湿」

保湿派医師の主張

「アトピー対策の基本は保湿です。近年、アトピー対策として「脱保湿」論も多く見られるようになりましたが、これは奇をてらった仮説にすぎません。
脱保湿による効果は確かに興味深くはありますが、実際に重度のアトピー患者を前にして「保湿をやめろ」とは、とても言えません。アトピー患者にとって、脱保湿がどれだけ苦しいものか、数々の患者を診てきた私には分かります。
過去に多くの改善例を見せてきた
保湿治療を、今さら捨てる
勇気はありません。」
VS

脱保湿派医師の主張

「アトピー患者には、ぜったいに保湿を勧めてはいけません。なぜなら、ほとんどの患者が保湿を行っているのに、表立った改善が見られないからです。
これは「保湿」という対処法が間違っているという、何よりの証拠です。保湿によって症状が改善した、というような症例ももちろんありますが、それは成長や何らかの理由で体質が変化したことが理由でしょう。
脱保湿は、皮膚を新たに生まれ変わらせるメカニズムを作ります。
今こそアトピー患者は、
保湿という方法を
捨てるべきです。」

保湿
アトピーに対するメリット

  • 皮膚の水分の蒸発を防いで皮膚を安定した状態にする
  • 外部からの異物の侵入を防ぎ、肌を健康に保つ
  • 痒みの原因となる乾燥を抑えることで症状を緩和させる
VS

脱保湿
アトピーに対するメリット

  • 皮膚を乾燥させることで、逆に皮膚が新たに生まれ変わる
  • 乾燥による痒みを敢えて掻くことで、体内のごみを排出してくれる
  • 皮膚が生まれ変わることで、アトピーによってできた赤みなどの痕も消える

やめるべき!?
「脱保湿」のデメリット

保湿をしないことで、皮膚の再生力は著しく奪われます。冬場の乾燥に対し、誰しもがリップクリームを塗るのと、同じ原理です。
ナースリップクリームを塗らなければ、カサカサするだけでなく出血も伴いますよね?
アトピーに対して、この状態が良いわけがないのは明白ではないでしょうか。
VS

やめるべき!?
「保湿」のデメリット

保湿をすることで、皮膚は怠けるようになります。これは、皮膚が本来持っている再生力を奪うのと同等。保湿という過保護を長く続ければ続けるほど、皮膚は保湿ケアなしでは生きていけなくなるのです。
ナースまた、パラペンやアルコールといった成分を含む保湿化粧品である場合、アトピーを悪化させる可能性も。
悩む女性

結局どうすれば良いの?

さまざまな説が唱えられているアトピーの原因ですが、これらはあくまでも仮説の段階。上に記した両意見を比較しても、どちらを選ぶべきかの正解はない、というのが現状です。
アトピーとどう向き合い、何を実践するか。最終的な判断は、医師ではなくあなたが決めなければなりません。いずれかを選択した上で、その先にどういった対処法を行うべきかを明確にしておくことが大切だといえるでしょう。

「保湿」をしたい方には保湿化粧品がおすすめ

「脱保湿」を選択した方は、これらを更に乗り越えるための強い意志と、常に肌を乾燥させなければならないといった根気が必要となります。

では「保湿」を選んだ方は、何に注意すべきでしょうか。

アトピーとは、皮膚のバリア機能が低下している状態のこと。メカニズムは解明されていなくとも、これだけは間違いがありません。

バリア機能が低下した肌には「セラミド」や「ヒアルロン酸」が多く不足しています。これらをまず肌に与えることが先決。いわゆる保湿化粧品の活用です。

最低限、この保湿化粧品さえ使用していれば、ある程度の保湿は守られます。脱乾燥を日ごろから心がけるよりも、はるかに簡単な方法かもしれませんね。

ただし、保湿化粧品すべてを信用してはいけません。自身の目で、しっかりと配合成分を確認し、パラペンやアルコールといった肌への刺激物が含まれていないか確認しましょう。

「保湿」も「脱保湿」いずれを選んだとしても、正しい知識で対処してくことが何よりも大切。「保湿」を選ぶのであれば、あなたに合った保湿化粧品をしっかりと選びましょうね。

アトピー肌に優しい保湿化粧品の一覧もありますので、参考にしてください。

「保湿」については医学的な根拠があります。

日本皮膚科学会の定める「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」では「保湿」の重要性について以下のように書かれています。

乾燥およびバリアー機能の低下を補完し,炎症の再燃を予防する目的で,ステロイドあるいはタクロリム スを含まない外用薬(保湿剤・保護剤など)でスキン ケアを行う必要がある.

引用:日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」
(https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/119/8/119_1515/_pdf)