ストレスを発散してアトピーとお別れ

ストレスは大人アトピーを引き起こす大きな要因の一つです。アトピーとストレスの関係を知り、上手にストレスと付き合い解消していくことで、不用意な発症を抑えましょう。今症状がある方はもちろん、まだ未発症の方にもおススメのストレス解消法をお教えします。

  • だめだ…
    今日仕事してたら、気がつかずに血がでるまで掻いてて、隣の人に驚かれた。

  • 無意識に掻いてたの?
    もしかして、仕事でストレス抱え込んでる?

  • うん、完全に無意識だった。指摘されてハッとしたよ。
    今仕事がすごく忙しくて、毎日何かしらイライラしたり、悩んだりしてるよ…

  • 会社から出たら頭切り替えて、ストレス発散!
    アトピーの大敵はストレスだからね。

今まで無症状だった人が急にアトピーを発症してしまったり、再発してしまったりするのは、ストレスを溜めこんでいるタイミングなことが多いです。なぜストレスでアトピーが引き起こされてしまうのでしょうか?

アトピーとストレスの関係とは

そもそもストレスとはなんぞや?というところから説明していきましょう。

イライラしたり、衝動にかられるものをストレスと思いがちですが、実はそうではなく…たとえば恐怖や不安といった感情をきっかけに、体の一部の機能を強化するべく血流が変化することなのです。たとえば何かから逃げなくてはいけないシチュエーションでは、体を動かす筋肉・判断力を高める脳を強化し、内臓への血流は減る、といった変化が起こっています。

この変化をもたらしているのが、「副腎皮質ホルモン」と呼ばれるものなのですが、別名をステロイドホルモンというそう。アトピー治療に使われるステロイドと同じ成分・効果を持つことからこの名がつけられました。

現代社会では、常に成果を求められる、ミスが許されない、といったシチュエーションが途切れることなく続き、常に恐怖と不安にさらされています。自分を守るため、体は常に脳と筋肉を強化しつづけ、内臓機能はおろそかになる状態が延々と続くのです。これが、ストレスが様々な病気の元になる所以。

ステロイドホルモンがきちんと機能しているうちは大丈夫ですが、ストレス状態が長く続くことで副腎が疲労してホルモンを出す機能が弱まってしまうのです。そのため、今までは抑えられていた炎症やアレルギー症状が抑えられなくなり、アトピーとして体に現れてしまうのです。

すぐに実践しよう!手軽なストレス解消法

体をONモードからOFFモードにぱっと切り換えて体を休めることが出来る、効果的なストレス解消法をいくつかご紹介しましょう。

  • アロマテラピー
    良い香りで気持ちをリラックスさせるアロマは自宅でもすぐに取り入れられて効果的。イランイランというアロマは、ストレス解消と肌のバランスを整える効果があります。
  • 温泉療法
    アトピーを改善するお風呂の入り方」でもご紹介しましたが、非日常感&自然を感じる&大きなお風呂で精神的にも肉体的にも解放されますよ。
  • 運動する
    体を積極的に動かすことで、不安・恐怖心を取り去ることができます。また、肉体に蓄積したストレスを解消し、質の高い睡眠にもつながるので、さまざまな良い結果が期待できます。
  • 嫌な事には「NO」と言う
    断れずに「はい」と言い続けて仕事を受けるのは精神衛生上良くありません。とても難しく勇気のいる行為ですが、可能な限り無理なことはきちんと主張しましょう。
  • 趣味に没頭する
    時には何も考えずに、悩みを忘れるくらい好きなことに時間を使いましょう。趣味がない、という方は「楽しかった!」と思える行動でもOKです。早く明日にならないかな、という前向きな気持ちが出てくれば、かなりストレスも軽減されているはずです。

ちなみに、先ほどご紹介したステロイドホルモンを作る副腎は糖分の摂りすぎでもダメージを受けてしまいます。ストレス解消には甘いもの、という方も多いと思いますが、糖分はアトピーに良くありませんので極力摂らないようにしてください。

いきなり甘いものを減らすとストレスになるかもしれませんけど、そのストレスすら解消できる方法が何かしらあるはずです。自分なりのストレス緩和策を探してみましょう。


アトピー博士・ヨウコさんって?

仕事のストレスや不規則な生活の影響で大人アトピーを発症。ステロイドを使わずに治療する方法をとことん調べて実践し、アトピーの自力治癒に成功。30代になった現在、アトピー発症前より美肌になったうえ、常に肌調子が良い状態をキープしています。

そのため友人や会社の同僚に美肌のアドバイスを求められることもしばしば。アドバイスを受けた人のほとんどがトラブルを脱しており、いつの間にやら周囲で は「肌で困ったらヨウコの元へ!」が定着化。

「アトピー博士」というニックネームもつき、仕事のかたわら肌トラブルを持つ人の相談に乗る日々を送っていま す。

あわせて読みたいコンテンツ