ステロイドの使い過ぎに注意

アトピー治療にはステロイドが効果的とはいえ、悪い物質だという考えが先行して、使いたくない方が多いのだとか。先入観でステロイドを避けているとアトピーの治療が長引く可能性もあります。適度に薬の力にも頼り、最短ルートでアトピーを治療していきましょう。

  • ステロイドって副作用があるから使わないほうが良いと聞きますけど、本当なんでしょうか?

  • 確かに使い過ぎはよくないですよ。
    でも、病院で処方された通りの量を守って使うなら、問題ないと思います。

  • 一回使うと効果がありすぎて、ついつい使ってしまうんでしょうかね…

  • 依存症みたいになっちゃう方も多いみたいですよ。
    正しく使っていればそんなに悪いものではないんですけどね。

ステロイドは危険だ、副作用があると言われていますが、きちんと使い方を守ればアトピーの強い味方になってくれる優れものです。そもそもステロイドとは何なのか?というところから、お肌になぜ悪影響がでると言われているのか、真実を見てきましょう。

そもそもステロイドってどんな物質?

ステロイドはアトピーの炎症やかゆみをすぐに鎮めてしまうため、どれだけ強い薬なんだと不安視している方も多いと思います。ですが、本来ステロイドというのは私たちの体の中で作られているものなんですよ。

副腎という小さな器官から分泌されている「副腎皮質ホルモン」というものがアレルギー反応を鎮める効果を持っており、別名ステロイドホルモンとも呼ばれています。薬に配合されているステロイドはこのホルモンと同じ構造を持っているため、アトピーの症状を落ち着かせることが出来るのです。

ちなみに、ステロイドという名前は「ステロイド環」という特徴的な構造を持つ物質の総称のことですから、体内の成分も薬の成分も、どちらも【ステロイド】であると解釈できます。

ステロイドの主な働きは2つ。皮膚に起こる赤み、熱、むくみ、痛みを落ち着かせてくれる「抗炎症作用」と、免疫機能が過剰になることで起こってしまうアレルギー反応を落ち着かせる「免疫抑制作用」です。

勘違いしやすいのですが、ステロイドはアトピーを治療する薬なのではなく、アトピーで起きた肌トラブルを沈静化してくれる薬なのです。ステロイドを使ってお肌が落ち着いたとしても、肌質に変化がなければステロイドを止めたとたんに症状が再発していしまいます。大切なのは、ステロイドで症状が落ち着いているうちにお肌の状態を徐々に改善していくことなんですよ。

ステロイドの副作用や毒性

非常に高い効果が期待できるので、たくさん使いたくなりますがそれは厳禁。ステロイドには噂どおり、副作用・毒性があるので多用は危険です。

ステロイドは元々体の中で作られているホルモンですので、長く使い続けていると副腎がステロイドを自ら生成する働きが弱くなってしまい、より敏感にアレルギー反応が出るようになってしまいます。また、アレルギー反応抑制のため免疫機能を弱めているため、感染症やヘルペスなどを発症しやすいといった副作用もあります。

また、必要以上に強い薬を長い期間使い続けると、皮膚細胞の増殖が抑制されて皮膚が薄くなる、毛細血管が拡張されて浮き上がって見えるなどの症状も出てきます。

病院に定期的に通い、肌の状態をきちんと診てもらって、自分に合った薬に適宜切り替えていきましょう。弱いステロイド剤の副作用はほとんど起こることはありません。強いステロイド剤でも2~3週間以内であれば副作用は起こりません。

ステロイド、という名前だけで身構えてしまう方も多いですが(私も初めはステロイドを毛嫌いし、ステロイド抜きでアトピーが治らないかあれこれ試行錯誤しました)、上手に付き合っていけばこれほど強い味方はありません。薬

の強さ、使う頻度を徐々に抑えていき、最終的にステロイドなしでも安定したお肌に戻れれば、それで問題ないのです。賢くステロイドを取り入れて、効率よくアトピーを治していきましょう。


アトピー博士・ヨウコさんって?

仕事のストレスや不規則な生活の影響で大人アトピーを発症。ステロイドを使わずに治療する方法をとことん調べて実践し、アトピーの自力治癒に成功。30代になった現在、アトピー発症前より美肌になったうえ、常に肌調子が良い状態をキープしています。

そのため友人や会社の同僚に美肌のアドバイスを求められることもしばしば。アドバイスを受けた人のほとんどがトラブルを脱しており、いつの間にやら周囲では「肌で困ったらヨウコの元へ!」が定着化。

「アトピー博士」というニックネームもつき、仕事のかたわら肌トラブルを持つ人の相談に乗る日々を送っています。

あわせて読みたいコンテンツ