アトピー肌におすすめ保湿化粧品はこれ! » 1から10まで教えます大人アトピーのあれこれ » 保湿効果抜群!アトピー対策にワセリンは有効?

保湿効果抜群!アトピー対策にワセリンは有効?

ワセリンってどんな効果があるの?

ワセリンの材料は自然成分です

ワセリンは、石油から高純度で生成された油です。「石油ってことは化学成分なんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、それは誤りです。石油はもともと大昔の生物の死骸が元で作られた物質であり、ワセリンはそれ以外に何も手を加えていません。そのため、自然成分で作られたものだといえます。
この「何も手を加えていない」というのが、実は非常に肌に優しいのです。
植物エキスなどは、たしかに肌に優しいのですが、成分と体質によっては肌に刺激を与えてしまうことになります。そうなると逆効果になってしまうこともあるのですが、ワセリンにはそういった効果は殆どありません。

ワセリンを塗れば、それで水分を閉じ込め蒸発を防ぐので肌の潤いを保つことができます。さらに、風や砂埃から肌を守ってくれますし、ワセリンはクリームとは違い、水も弾くため、念入りに洗わなければワセリンは剥がれません。そのため、洗い物をする時も洗剤などから肌を守ることができます。

ワセリンの種類

ワセリンは、主に2種類あります。

黄色ワセリンと、白色ワセリンです。

この2つはどちらも同じ成分でできているのですが、純度が違います。

黄色ワセリンは精製度が低いのですが、白色ワセリンは精製度が高く、不純物を取り除いたものです。そのため、白色ワセリンは医薬品扱いまたは化粧用油として活用されています。
アトピー対策においては、敏感肌の人でも問題なく使用できる白色ワセリンの方がおすすめです。
といっても、黄色ワセリンがダメというわけではありません。黄色ワセリンも値段が安価であり、入手がしやすいので敏感肌でなければ黄色ワセリンでも十分代用が可能です。

ワセリンの塗り方

ワセリンは、基本的に保湿クリームと同じ塗り方で大丈夫です。保湿を行ない、その上にワセリンを塗る。それだけで高い保湿効果を得ることができます。
もし、ワセリンを用いて水仕事をするのであれば、少し多めに塗ると肌を水分蒸発から守りやすくなります。しかし、つけすぎると乾燥してしまうため、保水をしっかり行なうのと同時に、普段は薄めに塗るのが好ましいです。

使用上の注意点

ワセリンは、直射日光を避けて保管し、開封したらなるべく早く使い切ることを推奨します。
ワセリンは長く放置していると酸化して品質が落ち、品質が落ちたワセリンを塗ると肌に余計な負担がかかり、かえってアトピーが悪化してしまうからです。
白色ワセリンを塗る時は直接ワセリンに触れず、綿棒やスプーンか何かですくって使いましょう、手で触れると不純物が混ざるからです。
なお、白色または黄色で共通している注意事項に、日焼け止めクリームとしては使えないということが挙げられます。ワセリンは石油なので、塗った箇所だけ焼けてしまいます。どうしても使うのであれば、ワセリンを塗った後に日焼け止めクリームを塗りましょう。