市販薬でもアトピーは治せる?

飲み薬の種類とそれぞれの効果

アトピー治療で市販薬を使用する場合、塗り薬、あるいは飲み薬を使用することになります。
飲み薬は、主に痒みのもとである物質の反応を抑える時に用います。ここでは、主な飲み薬である抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤、そして重度のアトピー治療に用いるステロイド剤について紹介します。

抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤とは、炎症・痒みの原因となるヒスタミンという物質を抑える効果があります。しかし、抗ヒスタミン剤は副作用として眠気を誘発することが多く、デスクワーク時などに飲むと作業に支障が出る可能性があります。また、この抗ヒスタミン剤は皮膚科で処方される他、市販薬でも販売されていますが、近年では眠気の副作用がない市販薬の抗ヒスタミン剤も販売されています。

抗アレルギー剤

抗アレルギー剤は、その名の通りアレルギーの反応する体内物質の活動を抑える効果があります。抗アレルギー剤は、すでに発生しているアレルギー反応には効果がないため、どちらかというと予め飲む時に用いられます。抗ヒスタミン剤と比べると弱めのお薬ですが、その分アレルギー反応がないのが大きなメリットです。

飲み薬は皮膚科でも処方され、皮膚科の薬のほうが体質にあったものを使用できるので市販薬を使用するメリットは一見薄いように見えます。
しかし、安価で購入することができる他、休日で皮膚科が開いていないときなどに使用することで痒みを抑えることができ、症状の悪化を防ぐことができるのです。
また、前述しましたが、抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤はどちらも痒みを抑えるものですが、効果を出すために使用するタイミングが異なるので注意しましょう。

塗り薬

アトピー治療は、基本的に塗り薬で炎症部分の治療を行うことが多く、市販薬でも塗り薬はたくさん販売されています。中でもステロイド剤は痒みを抑えるお薬として有効ですが、多くの人は副作用が気になって二の足を踏んでいる人が多いです。
しかし、市販薬のステロイド剤は「アンテドラッグ」という仕組みで作られており、副作用を抑えています。アンテドラッグとは、薬が体内に吸収されると薬としての効果がなくなるように設計されているのです。そのため、皮膚科で処方されるものより若干効果は落ちますが、副作用の心配なく安全で、痒みに対して高い効果を得ることができるのです。

塗り薬も、基本的には飲み薬と同じく、皮膚科で診断して処方してもらったお薬を使用したほうが確実に症状は緩和できます。しかし、ステロイドによる副作用が怖い、または病院が開いていない時などに市販薬は抜群の効果を発揮してくれます。
ですが、やはり一度は病院に行き、診察を受けましょう。それが治療の中でも最も早く治せる方法なのですから。