アトピー肌におすすめ保湿化粧品はこれ! » 1から10まで教えます大人アトピーのあれこれ

1から10まで教えます大人アトピーのあれこれ

大人アトピーは知らないようで意外と身近な症状なのをご存知ですか?実際にアトピーで苦しんだ経験を持ち、いろいろ調べ倒して今やアトピー肌にとことん詳しくなった私・ヨウコが、発症する原因や治療法、日常生活の注意などを皆さんにお伝えしていきます。

経験を元に大人アトピーのギモンにお答えします。

ここでは大人が発症するアトピーについて正しい知識をお伝えするコラムを掲載しています。まずはその前に当コラムのメイン人物であり、かつ当サイトのコンテンツの全面監修をしていただいた、アトピーにとっても詳しい頼れる女性について、プロフィールをご紹介しましょう。

アトピーに悩まれている皆様はじめまして、ヨウコと申します。アトピーや敏感肌に関する知識には自信があり、肌トラブルに悩む友人や同僚の相談によく乗っているので、周囲の人たちは私のことを「アトピー博士」と呼んでくれます(ちょっとおこがましい気もしますが、結構気に入っています)。

なぜ私が肌トラブルに詳しくなったのか?

20代の頃。
大学を卒業して入社したのはIT系ベンチャー。やる気のある人にはどんどん重い仕事を任せてくれるスタイルで、仕事漬けの日々を送っていました。そうして結果を残し、20代後半にはやや責任のあるポジションになり、部下を取るように。自分で動くのと人を動かすのの違いに戸惑い、ストレスと疲れをどんどん溜めながらも懸命に働き続けていました。

この忙しさはいつまで続くのだろうか、漠然と不安を覚えていたころに肌に変化が。スキンケアをおろそかにしていた影響なのか、今まで使っていた化粧品であり得ないほどの肌荒れとかゆみが発生!やや乾燥肌なことは自覚していましたが、かゆみや粉吹きまでのトラブルはこの時が初めてだったのです。

ですがこの時はまだアトピーを発症しているなんて思いもしませんでした(アトピーは子供の皮膚病だと思っていましたから)。とりあえず濃厚保湿してくれるアイテムを足してみましたが、なんだか余計に悪化するばかり。チームメンバーも私の顔をみるなり「どうしたんですか!?」と驚きの表情。

「ちょっと疲れが溜まりすぎたかな…」と、有休をとってのんびりしてみたり、プロジェクトの数をセーブしてもお肌は回復せず…。

重い腰を上げて皮膚科に行くと「アトピー」との診断を受けたのです。正直、信じられませんでした。

医師からステロイドの薬をもらいましたが、ステロイドには漠然と悪いイメージがあったので「なるべく使わずに治せないか」と模索する日々が始まりました。大人がかかるアトピーについて、原因や治し方、正しいスキンケア、ステロイドの作用など様々な知識をインターネットや書籍などで読み漁り、自分の肌を実験台に様々な方法やコスメを試していき、アトピーを鎮めることができたのです。

そして、30代に突入。
現在もアトピーを発症していたとは思えない美肌をキープ、後輩に「ヨウコ先輩のほうが年上なのに肌がきれい!」と羨ましがられるほどに♪
「どうやったらそんなお肌が手に入るんですか?」という話から始まり、同僚の肌トラブルに色々アドバイスをしているうち、どうやら私のアドバイスを実践した人のほとんどがトラブルが落ち着き、肌の調子が上向きになったみたいで、いつの間にか「アトピー博士」と呼ばれるようになっていました。

今回ご紹介するコラムでは、実際に私のところに相談に来てくれた方のお悩み内容をそのまま使わせてもらいました。アトピー肌に悩む多くの方に共通する悩みも多いと思いますので、自分の気になる項目はもちろん、今まで気にしていなかったけど「そういう注意点もあるの?」というところまで、参考にしていただければ嬉しいです。

それでは、自己紹介がとっても長くなってしまいましたが、どうぞご覧ください!