低刺激の化粧品を選ぶ

アトピーを治すには刺激を極力減らして余計なトラブルを引き起こさないことが最重要。そこで使いたいのが低刺激が売りの化粧品なのですが、そもそも「低刺激」とはどういう状態を指すの?刺激を与えやすい成分にはどのようなものがあるの?という疑問にお答えします。

低刺激の化粧品の定義とは?

「低刺激」「無添加」「敏感肌用」はどれもお肌に優しそうな感じがありますが、アトピー肌の場合はどれを選ぶべきなのでしょう?

表記にルールがあるのか、どこを見て選ぶのが正解なのか、化粧品の正しい選び方を知っておきましょう。

化粧品は様々な成分が配合されており、中にはお肌に刺激を与えてしまう成分も含まれています。これらをなるべく排除したアイテムには「低刺激」「無添加」「敏感肌用」などと表示されていますよね。アトピー肌の方はこれらの表示を見て買うことが多いと思いますが…具体的にどういう意味なのか、ご存知ですか?

基本的には、この3つには具体的な定義がなく、ほとんど同じような意味を指しています。

低刺激と敏感肌用の意味

昔はアレルギーや肌荒れを引き起こすとされている主な成分は「表示指定成分」と定義され、表示する義務がありました。そして、それ以外の成分は表示する必要はありませんでした。

現在は「全成分表示」となり、化粧品に含まれるすべての成分を記載することが義務付けられているため、トラブルを起こしやすい成分はどれなのかがわかりづらくなっています。

これらの刺激を起こしやすい成分を従来品より少なくしたものは「低刺激」「敏感肌用」と記載できます。ただしどの成分をどのぐらいカットしたのかはメーカーによってそれぞれ違いますので、低刺激の成分でも人によっては刺激を起こす成分がまだ含まれている可能性があるのです。

無添加とオーガニックの意味

また、とても肌に優しそうなイメージのある「無添加」ですが、化粧品に良く使われている保存料、香料、着色料、合成界面活性剤などの添加物を1つでもカットすれば記載することができます。無添加の場合は多くのメーカーで「○○フリー、○○不使用」など明記されていることが多いので、こちらをしっかり確認しましょう。

ひとくちに低刺激化粧品といっても、その定義はメーカーによりバラバラ。購入する側はどんな成分が入っているのか自分でしっかりと確かめる必要があります。

また、似たような低刺激の定義で「オーガニック」というものもあります。こちらは、配合された植物原料を栽培する際、農薬や肥料を使わず有機栽培したもの。

化学的な成分はほとんど配合されない…という定義だそうですが、こちらも明確な指標は特になく、オーガニックと言いながら合成成分をたっぷり含むものもありますので注意が必要です。

お肌にとって刺激となる主な成分

では、どのような成分を避けるべきなのでしょうか?含まれていることが多い成分をざっと見ていきましょう。

  • 保存料・防腐剤
    メチル、プロピル、ブチル、エチルパラベン、フェノキシエタノールなど
  • 泡立ちを良くする成分(合成界面活性剤)
    ジエタノールアミン(DEA)、トリエタノールアミン(TEA)、ラウリル硫酸ナトリウムなど
  • 合成着色料や香料
    危険な合成着色料はFD&C、D&Cなど。香料は具体的に書かれていないことがほとんどながら一番トラブルを起こしやすい成分のため、無香料がおすすめ。

これらの成分以外にもお肌に刺激を起こすものはいくつもあります。

きっちりと含有成分を調べたい場合は、化粧品成分を解析しているWebサイト(美肌マニアなど)を利用するとよいでしょう。こちらで調べれば、お肌に刺激あるかどうかがしっかり分かります。

そのほか、自分で使ってみて合わなかった・トラブルが起きた化粧品をリストアップし、配合成分を見比べてみることも大切。自分がどんな成分に反応しやすいのかがわかることがありますよ。